2011年05月24日

ある避難所でのテント移設作業の話

5月22日までのテント移設活動要約です。

3月末、宮城県内の各避難所それぞれに大変な思いですごしている中、体育館でペット同行避難をしている方から相談受けました。

今の現状がとても大変で10頭あまりの犬たちが車の中にいる。
車中で寝泊まりのため腰の痛みを訴える人もいる、高齢者の人もいる、等を心配しておられました。
小体育館と大体育館が建物の中にありますので、犬を飼育しておられる方との小体育館でのすみわけを希望したが、犬が建物の中に入ることは許可されなかったそうでした。

犬と一緒に体を伸ばして横になれる場所が欲しい、という飼い主さんたちの切実な願い。これはテントがあれば、という話も出ましたがテントの設営許可がでるのか?となかなか話は進みませんでした。
その間にも、なんとか住まいを探し、避難所から出て行かれる方も…。早く犬と一緒に暮らしたいからと住み慣れた地区を離れ、仮設住宅に移られたり、残った方たちは自分の住んでいる地区に仮設ができるまで待つ…とあきらめムードでした。

5月に入り、ようやく行政との話が進み設営の目処が立ったため、他の避難所に設置されていたテント3基を体育館に移動出来ないものかと調整していました。現在テント設置している避難所からテント撤去する旨の連絡をいただいたので、早速、テントを寄付された団体に許可いただき撤去移設作業を行いました。2基いただいて体育館に事情をお話してようやく設営が実現いたしました。
設営には犬連れの方たちが手伝ってくださり、みんなで喜びあいました。
早速利用して頂きました 。
設置に合わせたように雨が続き、『濡れずにすみます』と飼い主の方喜んでくださいました。
体を伸ばして、人と動物とが、少しはほんの少しですが安心して寝ていただけるのが何よりです。
設置までの長い道のりでしたが、様々な方々にご協力頂きました。
本当にありがとうございました。

tento2.jpg
tento1.JPG
この記事へのコメント
宮城で 大至急 SOSが出てます
http://blog.m.livedoor.jp/liablog/
Posted by もと at 2011年05月26日 23:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: